本文へスキップ
トップページ>リポート
 


名古屋市千種区 東山植物園温室前館保存修理工事
2019年12月27日 新聞掲載

現在当社にて、名古屋市の国重要文化財 東山植物園温室前館の保存修理工事を行なっています。
工事は平成26年8月5日に着手し、令和2年9月30日には完了の予定です。
令和元年12月に完了した東山植物園温室前館仮設素屋根設置工事も当社が行ないました。

名古屋市東山植物園温室前館は、市土木部建築課の設計により、昭和11年(1936)に建設されました。
我が国最初期の本格的な鉄骨造温室建築として、国重要文化財に指定されています。
鉄とガラスによる造形的特質が良く示された建築物であったことから、完成当時は「東洋一の水晶宮」と称され、今も東山植物園のシンボルとなっています。
令和元年12月27日、中日新聞朝刊(名古屋)市民版にて、東山動植物園で進む再生整備の一環として、東山植物園温室前館保存修理工事についての記事が掲載されました。

(参考資料 文化庁「国指定文化財等データベース」、名古屋市『重要文化財名古屋市東山植物園温室前館 保存修理工事について』平成30年4月)


 

画像をクリックすると拡大します。